愛知医科大学 受験合格のための攻略ガイド 2017

愛知医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

愛知医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

愛知医科大学

昭和47年 愛知医科大学開学
昭和54年 附属病院救命救急センター開設
平成12年 看護学部を開設
平成16年 医学教育センターを設置
平成26年 附属病院新病棟開院
開学年度
昭和47年
学祖
-
理事長
-
学長
佐藤 啓二
学部所在地
〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1-1
交通手段
地下鉄東山線藤が丘駅より名鉄バス約15分
公式HP
http://www.aichi-med-u.ac.jp/

愛知医科大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

愛知医科大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、愛知医科大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

愛知医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

愛知医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

'15も出題に若干の変更があったが'16も同様で、大問数が7→6問、長文も3→2問となり、2年連続で問題数が減った。長文ではないが、6つからなる各4~6行の短文中の適切な位置に語句を挿入させる脱語句挿入問題は変わらず出題。文法関連では、短文完成(6問)が会話文形式になり、各問2ヶ所の空所に入る語の組み合わせを選択するものになった。他に整序英作文と、5つの短文中の各空所に短い語定義に合った1語を書かせるもの。文法・語法関連は基礎問題が中心だが、語彙(イディオム)力も必要。2つになった長文は、内容合致もあるがわずか1問で、文中の空所適語(選択・記述)と整序英作文、単語の同意表現選択、代名詞の指すものの指摘などが中心。

対策

近年の出題は、同傾向ではあるものの、毎年若干の変更が見られる。しかし、文法関連の短文完成、整序英作文は変わらず出題されているので十分な対策が必要だ。もちろん標準レベルの語彙、イディオム力も欠かせない。誤文訂正は3年連続で出題されていないが、文法演習の一環でやっておくことは決して余計なことではなかろう。整序英作文は不要語句が含まれているもので練習すること。実際の出題はリードの日本文付きだが、カンを養うために日本文に頼らない演習も効果的。長文の数は減少傾向にあるが、内容は脳や夢の分析など、'15に引き続きやや医学系に傾いており、今後も類似傾向が続くことも考えられるので、医学関連や身体のメカニズムを扱った英文は是非チェックしておきたい。

英語科:牧先生

数学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

'12からは100分で記述の大問が4~5題。'11まで私大上位レベル問題集の知識がありその場でじっくり考えれば解けるような問題がほとんどだったが、'12から後半で上位国公立大以上のレベルの典型問題も出されるようになってきており、'16は[1]から上位国公立大で出されそうな問題となっている。頻出単元は微分・積分、数列、場合の数・確率、ベクトルなど。'16は複素数平面の問題も出された。'16は微分・積分の問題はなかったものの、微分・積分と場合の数・確率は'15まで毎年出されていた。数列については数列のそのものの問題として出されることもあるが、数列と他の単元とが絡んだ問題も目立つ。

対策

'11まで私大上位レベル典型問題の解き方を身につけその場で考えれば解ける問題が中心で、'12~'14は[1]~[3]はそのレベル、'15も5題中3題はそのレベル。まず上位私大レベルについてはどの単元も穴をなくしておこう。'16は上位国公立大レベルの問題が今までより増え、今後、問題が難化していく可能性もある。上位国公立大レベルの問題にも対応できるように、そのレベルの典型問題の解法はしっかり身につけておこう。最近は典型問題そのままではなく、その場で考えさせる要素が入っている問題も出されている。総合的な問題を解いて応用力・実戦力をつけておこう。記述式なので減点されない答案作りの練習を。

数学科:寺西先生

化学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

例年大問4題からの出題が続いており、無機化学や天然物化学に関係する問題が多く出題されている傾向にある。'16では[1]でアンモニアを題材にした無機化学を中心にした問題。[2]で平衡定数に関する問題。[3]では芳香族化合物やペプチド、イオン交換樹脂に関する問題が出題された。また、近年[4]ではアミノ酸やペプチドの構造やアミノ酸の水溶液の電離平衡、糖類など天然物化学に関する出題が続いている。('16ではフルクトースの水溶液中での平衡を中心とした問題が出題された)。定番問題中心の出題ではあるが問題量が多いため時間がかかる。穴埋め問題の数も例年かなり多いので化学の知識を確実に身につける学習も必要となる。

対策

例年、ほとんどの問題がやや高度な受験の定番問題で構成されている。受験用の問題集や予備校のテキストなどで入試の頻出問題を繰り返し学習する必要がある。また、時間的にもかなり厳しい分量の問題が出題されているのでかなりのスピードが要求される。そのため頻出問題などでは問題内容やその解法を確実に身につけなければならないだろうし、多くの空所補充問題も出題されているためその対象になりやすい化学用語などはしっかりと記憶しておく必要がある。いずれにしてもしっかりと受験用の対策をしていないとやや手ごわい問題であり、精度の高い準備が必要。無機化学、天然物化学からの出題など出題内容に偏りが見られることもこの大学の特徴である。

化学科:小枝先生

生物

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問4題となっている。1題は核酸に関する内容で、DNAの複製・空所補充・リプリケーター・酵素の働き・プライマー・複製の方向・末端部分の複製に関して・テロメアが出された。1題は代謝に関する内容で、空所補充・乳酸発酵の反応式・キューネ発酵管・パスツール効果・ミトコンドリア・コウジカビ・アルコール発酵の計算2問が出された。1題は聴覚に関する内容で、空所補充・耳管・考察問題・コルティ器が出された。1題はニワトリの翼の発生に関する内容で、胚の種類・データからの考察と記述・脱分化・記述が3題出された。考察問題、計算問題、記述と内容が豊富で、出題分野も広くなっている。

対策

実験問題と計算問題が基本と考えてよい。そのため、問題集の実験問題を多く解くことを勧める。一般に、私立大学は実験問題が少ないので、国公立の二次試験の問題を解くと良い。また、計算問題も同様に国公立の問題が良い練習になると思う。同時に、図説を注意して読むことが必要である。図説には多くの実験例題とグラフや解説が載っているので、隅々まで読んでおくと、実験の内容やグラフの読み方が分かってくる。また、図やグラフを覚えておけば、試験問題に同様の内容が出る場合も多く、楽に解くことができるようになる。語句の確認は必要であるが、計算力も身につけ、基本的な計算問題はミスしないようにしよう。

生物科:日田先生

物理

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問4題で構成され、力学、波動、電磁気、原子からの出題である。力学は2つの物体の斜め衝突を移動する観測者から見て考える問題、波動は移動する台上に固定された音源と2種類の配置をした板によるドップラー効果の問題、電磁気は直流回路内でのコイルの自己誘導の問題、原子はX線の発生の問題が出題されている。基本~標準問題が出題されているが、衝突とドップラー効果は一工夫された問題なので、誘導に乗れるように丁寧に問題を読まなくてはいけない。自己誘導は典型的な問題であり、X線も解き易い問題なので、ここで点を稼ぎたい。時間にあまり余裕はないので、衝突とドップラー効果の問題は後回しにして、解いていく方が良いだろう。

対策

基本~やや難度の高い問題をしっかり解いておくこと。'06と'07は難度の高い問題はなく、'05よりも易しくなっていたが、'08と'09は難度の高い問題はないものの'07より若干難度が上がり、'10以降はやや易化している。'14は難度が'13よりも上がったが、'15と'16は難度が'14より下がっている。見慣れない問題も出題されるが、基本的な知識や法則が変わるわけではないので、焦らず問題の内容を把握し、誘導に乗れることが重要である。そのためには日頃から単に問題を解くだけではなく、内容を把握し、考える習慣をつけておくことが大切である。熱力学の出題はしばらくないが、準備をしておくことを勧める。

物理科:吉武先生

愛知医科大学大学受験の最新総評

一般入試は英語150点、数学150点、理科2科目200点と、英語・数学の配点が高いのが特徴。2016から英語、数学の試験時間が100分から80分になり、2017は英語が全問マーク式となった。記述式の数学をはじめとして私立医学部の中では歯ごたえのある問題が並んでおり、合格最低点は例年5割~6割台である。

補欠は1次補欠と2次補欠に分かれ、1次補欠者には順位がつく。2014・2015は1次補欠者がほぼ繰り上げになり、2016は2次補欠から82名繰り上がった。

◆英語
出題内容はやや流動的で長文減少傾向、医学系英文も極力チェックを
◆数学
上位国公立大レベルの典型問題までしっかりと
◆化学
受験の定番問題が中心の出題。大問4題
◆生物
記述と計算問題が増え、考察も多いので時間がかかる
◆物理
出題は幅広く難度の高い問題も出題される。しっかり準備しよう!!

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-愛知医科大学編-

写真

分析結果

2014年に地上14階建ての新病院が完成した。良き医療人を育てることに意欲的で、学生からの提案を可能な限り受け入れる姿勢がある。その分、良き人材を入学させたいという意識が強く、推薦入試・一般入試ともに面接には最低25分をかけている。入学後も学生相談室を充実させるなど入学者を一人前の医師に育てる努力を惜しまない。

一般入試で数学の配点と時間に変更があり数学が難化していくことが予想される。過去問をやって、「こんなもんだ」と考えていると当日、慌てるかもしれない。化学は無機が多く出題され、問題量も多い。生物は実験問題、計算問題が多く、どの科目も特徴的な出題がなされるので過去問演習は欠かせない。

面接は推薦も一般も、私立医学部で最も厳しい面接が行われる。その場で資料を渡されたり、圧迫面接が行われたりと面接を甘く見ていると太刀打ちできない。愛知医科大学の面接のやり方でぜひ何度か練習をしておきたい。定員10名の愛知県地域枠はセンター試験を利用して行われる。

一般入試の補欠は1次補欠と2次補欠に分けられ、1次補欠には順位が付く。2016年度入試は久しぶりに2次補欠まで繰り上がった。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。