2013年度 昭和大学 受験合格のための攻略ガイド

昭和大学受験合格必勝のための攻略ガイド

昭和大学受験合格必勝のための攻略ガイド

昭和大学

昭和医学専門学校を経て、昭和21年昭和医科大学として設立。昭和39年薬学部設置を機に昭和大学と改称。
1年次は富士吉田校舎で歯・薬・保健医療学部の学生と共同で全寮生活を送る。医系総合大学ならではの密度の濃いカリキュラムが特徴で、特に7つの医学部附属病院を活用した臨床教育が充実している。

開学年度
昭和3年
創設者
上條 秀介
理事長
-
学長
小出 良平
学部所在地
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
交通手段
東急池上線・大井町線旗の台駅より徒歩5分
公式HP
http://www.showa-u.ac.jp/

【2013年度】 昭和大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

昭和大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、昭和大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 昭和大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

【2013年度】 昭和大学 受験科目の出題傾向分析

昭和大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

2年連続で時間が短縮となり、2012は英語・数学連続で140分となった。そのためか読解問題が2題から1題に減り、空所補充問題が2題復活し、形式と問題総数は2010に戻った。もともと形式には揺れがあったので、求められているレベルが変化しているわけではない。
安定した英語力をつけることを目標にし、また過去問を十分にこなせば、合格の2文字が見えてくるだろう。

英語科:堀先生

数学

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

2011、2012ともに、典型問題からの出題が非常に多く、合格点はかなりの高得点(8割以上?)と考えられる。しかし、2010以前は、試験時間に対し問題の量が多い年もあり、再度難化する可能性もあるので、油断するのは禁物である。
対策としては、網羅型の参考書・問題集を繰り返し解き、標準的な有名・典型問題の解法のパターンをしっかり身につける様な勉強をしておくと良い。

数学科:宮内先生

化学

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

大問5~7題程度の出題が例年続いているが、2012ではⅠ期、Ⅱ期ともに6題の出題であった。大問の数はやや多いように感じるが計算問題も複雑でなく、論述問題も短い論述なので量の問題はそれほどない。
しかし、例年Ⅰ期、Ⅱ期とも空所の数がやや多く、生命科学に関する知識が必要な問題も多く出題されているので、可能な限りそうした話題や問題には触れておくようにしておきたい。

化学科:岸先生

生物

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

2011から問題の構成が大きく変わり、特徴的な多量の空所補充問題は出題されなくなった。知識問題が中心で、考察問題の割合は少ない。恒常性、免疫、神経、感覚などの分野からの出題が多いが、高校生物の範囲外の内容や最新の医療知識などを含め細かい内容まで問われるため、知識は正確かつ深く理解して身につけておく必要がある。
また、20字~40字程度の記述問題も数問出題されるため、記述問題の練習をして書いて説明できる力を身につけておく必要がある。

生物科:金子先生

物理

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

例年大問4~5題で構成され、原子を除く全分野から出題されている。標準的で典型的な問題も出題されるが、見慣れない問題や難度の高い問題も出題されるので幅広く学習しておくことが大切となる。
見慣れない問題を解くときは特殊な物理法則を必要とすることはほとんどないので、落ち着いて問題を把握することが大切である。毎年のように記述や描画が出題されるので、日頃から自分の手で書いておくことが必要である。

物理科:吉武先生

昭和大学大学受験の総評

I期・II期の2回試験が行われ、近年、難易度が上昇している私立医学部の1つ。2013は学費を減額したこともあり、志願者が3,000人を越え急遽試験会場が増設された。特待生は6年間の学費が1,900万円と、私立医学部では初めて学費の総額が2,000万円を切った。
「昭和の生物」と言えば私立医学部独特の入試問題の代名詞であったが、2011から問題構成が大幅に変化した。英語・数学は連続で実施されるが、180分→150分→140分と徐々に試験時間が短くなっている。

セ試利用は全国を6ブロックに分ける地域別選抜であり、現役生のみ受験できる。出願資格があるなら狙ってみてもいいだろう。

◆英語
広範囲に亘る安定した英語力が求められている。
◆数学
入試レベルの頻出内容をしっかり身に着けて。
◆化学
定番問題と標準問題からの出題。
◆生物
分野は限られているが、内容を細かく聞いてくるので注意。
◆物理
見慣れない問題も出題されるので、題意を読み取ることが大切。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 昭和大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

田尻学院長の分析-【2013年度】 昭和大学編-

写真

分析結果

医・歯・薬・保健医療を揃えた医療系の総合大学で、1年次は富士吉田キャンパスで4学部合同の4人部屋での寮生活となる。一般入試の正規合格者とセンター試験利用入試の合格者は初年度授業料300万円が免除となり私立医学部では学費が最も安くなる。このため国公立大学との併願者が多く毎年、繰り上げ合格者が150名程度は出ている。センター試験利用入試は全国を6地域に分けての募集となるため、地域により難易度の差が出る。現役生に限られた入試でもあり、地域によってはチャンスが広がる可能性がある。また、センター試験利用入試で12名の現役生が入学するとはいえ、推薦入試を行っていないにもかかわらず入学者の現役生比率が40%を超えることは目を引く。

2次試験では、面接の前に医学部と昭和大学の志望理由と影響を受けた人、併願校、医師に向いていると思う点などをアンケートに記入する時間がある。尚、I期もII期もアンケートは同じ設問である。

一般I期の補欠は1次補欠と2次補欠に分けられ、1次補欠は繰り上げ合格になる可能性が高い。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 昭和大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。