2013年度 産業医科大学 受験合格のための攻略ガイド

産業医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

産業医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

産業医科大学

産業医学の振興と優れた産業医の養成を目的として開学。産業医になることを視点においた特色あるカリキュラム編成で、基礎から臨床にわたる医学分野の研究室も設置されている。
学費負担を軽減するため、修学資金貸与制度があり、卒業後10~11年間(臨床研修期間を含む)産業医等として勤務すると貸与を受けた全額が返還免除になる。

開学年度
昭和53年
創設者
-
理事長
-
学長
東 敏昭
学部所在地
〒807-8555 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
交通手段
JR折尾駅よりバス10分
公式HP
http://www.uoeh-u.ac.jp/

【2013年度】 産業医科大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

産業医科大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、産業医科大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 産業医科大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

【2013年度】 産業医科大学 受験科目の出題傾向分析

産業医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

2003以降、読解3題、英作文1題の大問4題の形式に変化はない。日本語による内容説明が多数出題され、和訳、英作文ともに論理的な記述力を要求するのが特色。全体に選択肢がなく、内容説明も英作文も100字(語)程度で書かせる問題が出題されたりと、記述力がかなり問われる。
小論文の学習で扱ったテーマを100語の英文にまとめ、先生に見てもらうなど、プロの判断があると自信もつくだろう。

英語科:堀先生

数学

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

[1]の小問集は入試基本~標準レベル問題集に載っているような問題が多いが解きにくいものが混ざっていることもある。2009~2011の[2],[3]は入試標準~上級レベル問題集に載っているような解き方が身についていれば解けるような問題であったが、2012は以前のようにやや考えさせる問題や時間のかかる問題が中心となった。
入試上級レベルの典型問題を一通り解き、じっくり考えさせる問題まで解いておこう。

数学科:寺西先生

化学

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

大問3~4題程度の出題。受験化学の頻出問題からの出題がほとんど。無機化学や有機化学からの出題が比較的多く、また環境科学や生命科学からの出題も見られる。難問はほとんど見られないがしっかりと受験用の対策をしていないと合格には届かない。受験に対応した学習を高い精度で仕上げておくことが必要。しっかりと準備がなされていれば高得点も狙える。
本番では一つ一つの問題を確実かつ慎重に解いていくことを心掛けたい。

化学科:依田先生

生物

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

大問数は3~4題と問題量は標準的である。近年、実験考察問題や論述問題が増加傾向にあるため、時間配分には十分に気を付けるようにしよう。また、頻出分野は「免疫・血液型」・「神経系・筋肉」である。昨年はグラフを書かせる問題や計算問題も出題され、おもに実験考察力や解析力を問う問題からの出題が多いので、図説を用いて、より詳細な学習をしておくと良い。
全体的に高得点が予想されるため、漢字ミス・計算ミスは致命的である。何度も繰り返し書き、基礎用語を正確に覚えることも必須である。

生物科:坂本先生

物理

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

大問3題で構成され、最後の大問は小問集合になっている。小問集合では数値計算や知識問題が出題されるので、公式を覚えるだけではなく、教科書にしっかりと目を通しておくことが大切になる。問題自体は問題集に必ず掲載されているような典型問題が出題されることが多いので、問題演習を積んでおけば短時間で正解できる問題が多い。試験時間は短いが、事前準備を怠らなければ試験時間内に高得点を獲得することも十分に可能である。それ故に高得点での争いになる。
有効数字を考慮した計算問題が必ず出題されるので、こうした問題でミスをしないように注意したい。近年出題されていない円運動の問題にも注意が必要である。事前に標準問題を解いたことがあるか否かが大きく得点を左右するので、入試本番までに標準的な問題集を一冊仕上げてから試験会場に向かってほしい。

物理科:酒井先生

産業医科大学大学受験の総評

産業医学の振興と産業医の養成を目的として北九州市に設置された。まずセンター試験を受験してから、2次の学科試験、そして小論文・面接試験へと進む。小論文・面接試験は国公立の後期日程と同じ時期である3月10日前後に行われ、受験資格者(学科試験合格者)450人前後に対して受験者は200人を切るのが通例である(2013は受験資格者426人中、受験者は178人と約4割の受験率)。小論文・面接試験の正規合格者は85人ほどで、繰り上げ合格者は例年10人前後である。

面接では産業医に関する質問が必須。なぜ産業医を目指すのか、産業医の意義や適性など、明確な答えを用意しておく必要がある。

◆英語
選択肢なし。記述力重視。英作文が必須。
◆数学
レベルが以前のレベルに戻った。上級レベル典型問題をしっかりと。
◆化学
標準問題の組み合わせ。定番問題をしっかりと。
◆生物
実験問題の考察や論述が多くなったので注意。
◆物理
標準問題を解けるようにすること、知識問題は教科書で足りる。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 産業医科大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

田尻学院長の分析-【2013年度】 産業医科大学編-

写真

分析結果

産業医の養成という、明確な目的のために設立された医科大学で、私立大学医学部では唯一、センター試験の受験が必須となっている。修学資金貸与制度が充実しており6年間で1900万円強が貸与され学費負担が軽減される。そのため国公立との併願者が多い上に2次試験日が国公立前期の発表後で後期の2次試験日と重複しがちなことから産業医科大学の2次試験は半数程度が欠席する。

学科試験はもちろんだが、推薦入試でも一般入試でも面接が大きなポイントとなる。「医師免許取得後、医師には様々な進路がある中、なぜあえて入学前から産業医と進路を限定してしまうのか」この質問に対する答はしっかり準備しておきたい。当然、産業医への十分な理解は欠かせない。また、修学資金貸与制度に対する質問も多く、制度の趣旨や仕組みについても理解が欠かせない。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 産業医科大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。