2013年度 兵庫医科大学 受験合格のための攻略ガイド

兵庫医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

兵庫医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

兵庫医科大学

臓器別統合カリキュラムを核とする体系的な教育が特徴。臨床実習は少人数制による内科を中心にした診療参加型実習(クリニカルクラークシップ)を導入している。
ささやま医療センターを中心に地域医療・福祉の充実を図る篠山キャンパス、プロジェクト研究を行う先端医学研究所、薬学部等からなる兵庫医療大学との連携もある。

開学年度
昭和47年
創設者
森村 茂樹
理事長
新家 荘平
学長
中西 憲司
学部所在地
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1
交通手段
阪神電鉄武庫川駅より徒歩5分
公式HP
http://www.hyo-med.ac.jp/

【2013年度】 兵庫医科大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

兵庫医科大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、兵庫医科大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 兵庫医科大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

【2013年度】 兵庫医科大学 受験科目の出題傾向分析

兵庫医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

毎年形式がいくつか入れ替わり一定のパターンがないように見えるが、文法4択問題10問と読解3題はここ3年の傾向である。難しい箇所はもちろんあるが、きちんと受験勉強をこなしていれば太刀打ちできるレベルである。
よく形式を入れ替えてくるので、誤箇所指摘、発音アクセントなどの復活も視野に入れ、読解を文構造的に、また文法の観点から読む訓練をしておきたい。

英語科:堀先生

数学

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

[1]の小問集は解きにくい問題が入っていることもあるので注意。2012は違ったが医療絡み設定の確率の問題が出されることが多い。理系にしては数学Ⅲの割合が低い年が多く確率などの出題頻度が高いが、2011以降は数学Ⅲの積分の出題頻度が高くなった。
入試標準~やや上級レベルの典型問題がほとんどなので、まずその類の問題は手早く解けるように。過去問を解いて特徴のある確率の問題や時間配分に慣れておこう。

数学科:寺西先生

化学

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

記述形式と穴埋め問題の融合問題。大問3題の出題で近年は本格的な入試問題が出題されている。理論化学の分野からの計算問題も多く出題されるようになり難易度も格段に上昇している。また、生命科学に関する問題など化学Ⅱの内容からの出題も多くしっかりとした対策が必要である。分野的には例年無機化学からの出題が多いように感じる。
穴埋めの問題は例年必ず出題されているので重要な化学用語や現象などはしっかりと整理しておく必要がある。

化学科:小枝先生

生物

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

大問7題となっています。1題は小問12問を含む問題の構成となっているので、生物のほぼ全範囲から出題されています。小問はグリセリン筋・細胞膜・分類など全範囲から出題されています。1題は集団遺伝に関する内容。1題は酵素に関する実験問題でした。以前は、血液凝固に関しての記述や実験考察問題も出されています。文章の量は多いのですが、時間的には余裕のある内容となりました。
苦手な分野を作ることなく、計算問題は苦もなく解ける様に準備して臨みましょう。

生物科:日田先生

物理

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

小問集合を含む大問3~4題で構成され、毎年原子を除く全分野からの出題となっている。小問集合の中には標準問題が含まれることもあり、意外と時間がかかる場合もある。手早く解くことも大切ではあるが、時間がかかると予想された場合は後回しにする決断も必要である。
小問集合以外では標準問題が中心であるが、やや難度の高い問題が出題されることも多い。2009と2010はそれ以前より難度が下がっていたが、2011からまた上がっている。

物理科:吉武先生

兵庫医科大学大学受験の総評

2013は東日本の岩手医科大学、杏林大学と1次試験日が重なったため、志願者は463名減の1,785名であった。補欠合格者(繰上候補者)は1次補欠と2次補欠に分けて発表され、1次補欠者は例年かなり早い段階で繰り上げ合格の通知が来る。

2次試験で行われる個人面接では、面接官を変えて再面接が行われる場合がある。過緊張の受験生や多浪生など、1回目の面接では判断が難しい場合に再面接が行われるようである。落ち着いて質問されたことに答えたい。

◆英語
文法と文構造重視。基礎土台を固めることが第一の対策。
◆数学
やや考えさせる問題が中心。医療絡み設定の確率の問題が頻出。
◆化学
近年かなり難化傾向にある。計算問題がやや多い。
◆生物
空所補充と正誤問題に加えて計算問題が多くなった。
◆物理
'12も難度は高めであった、幅広く、しっかりと準備をしよう。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 兵庫医科大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

田尻学院長の分析-【2013年度】 兵庫医科大学編-

写真

分析結果

薬学部・看護学部・リハビリテーション学部からなる兵庫医療大学を姉妹校として持ち1年次と3年次には医学部を含めた4学部合同での授業がある。また2007年7月には同じく兵庫県西宮市を本拠とする関西学院大学と学術交流協定を結んだ。2010年には新しい学長が就任するとともに、ささやま医療センターが開院された。例年、入学者の4割程度を女子が占め、女子比率は高い。2012年5月現在で6年生までの在学生657名中女子は283名と女子比率は43.1%となっている。志願者の女子比率より合格者の女子比率が高く女子の頑張りが目立つ。

推薦入試では地域枠も5名設けているが、合格者が5名に満たない場合、不足分は一般入試の定員に組み入れられる。また一般入試では兵庫県が6年間総計で4540万円を貸与する兵庫県推薦入学制度も有する。受験生向けの情報公開も熱心でそれによれば、推薦入試では評定平均値と合否の関連は、ほとんどなさそうである。一般入試の数学では医療と関連付けた確率の問題が特徴的だ。
一般入試の補欠は1次補欠と2次補欠に分けられる。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ 2013年度 兵庫医科大学 受験攻略ガイド ページトップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。